サポート体制

教室長になるためには、コミュニケーション力、情報活用力、そして高い実行力が必要です。私たちは日々の行動の中で、これらの能力を成長させていけると考えています。そのための方法としてPDSサイクル(計画・実行・検証)を習慣化させることを大切にしています。新入社員研修でも、自分で目標を設定し、計画を立て、振り返りを行うプログラムを用意しています。「絶対に身につけるんだ!」という高い目的意識をもって、是非研修に取り組んでください。


  • 集合研修では、コミュニケーション力強化はもちろん、教室運営に必要な考え方、知識、技能、事務処理などを習得します。形式もグループ形式で、ディスカッションも多く行います。大切なのは、何を学ぶかではなく、何のために学ぶかであり、どう生かすかということ。あくまで講義を受けるのではなく、自分を成長させる機会として活用して下さい。
  • 「自分の目標に向かってどう進んでいけばよいのだろう?」入社直後には、正直迷うこともたくさんあるでしょう。東京個別指導学院では研修の一環として随時面談を行い、一人ひとりと向き合ってサポートしていきます「目標達成のための伴奏者」というスタンスでコーチングを行なったり、時には厳しいことをフィードバックしたり。成長を促すシステムがあります。
  • 研修は実践できるようにすることがゴール。だからこそ、OJTはとても大切な機会です。そして、本当に身につけるべき力は?知識は?それがあったらどう活かせる?という目的意識を醸成できるのも教室現場でのOJTです。日々行った業務や、気付き、学んだことは日報に記録し、自ら振り返り、それ以降の研修に生かすことが求められます。

東京個別指導学院では、当社の理念に共感し、一緒に子供たちの教育に携わって頂ける人財を募集しています。そのため、出身学部、前職は関係ありません。事実、東京個別指導学院では、さまざまな出身学部、職業を経験された方が活躍しています。


      • 文学部
      • 理工学部
      • 法学部
      • 経営学部
      • 経済学部
      • 教育学部
      • 国際学部
      • 社会学部
      • 体育学部
      • 政治経済学部
      • 人間科学部 etc
      • 営業職(不動産や保険等)
      • 店舗スタッフ(店長等)
      • イベントプランナー
      • 元教員
      • 人材紹介会社職員
      • 銀行員
      • テレビ局AD
      • アナウンサー
      • ツアーコンダクター
      • キャビンアテンダント
      • ホテルスタッフ
      • スポーツ選手 etc

Page top