社員紹介

小学生から大学まで野球に明け暮れた。高校時代にあるプロ野球の名将の著作で「人を残す」という考え方に触れ、教育の道を志すように。大学で学んだ経営学の知識を生かし教室の運営に奮闘中。

入社した経緯を教えてください。
  •  実は大学生の頃、教員を目指した時期がありました。でも、いざ、就職活動の時期を迎えた時に、「人の成長に徹底的にこだわりたい」という自分の目指す教育は学校の教員になることが最適ではないのでは?と思いはじめたんです。当時から東京個別指導学院でアルバイトをしていたのですが、ここでは勉強はある意味、“成長のためのきっかけ”であり手段です。勉強という手段を使いながら、やればできることに気づかせ、自信を持たせ、チャレンジする喜びを伝える。その考え方に共感したことが入社の最大の理由です。また、社長がその理念を語るだけでなく、現場の社員1人ひとりと講師たちにも考え方が共有されていたところが魅力的でした。
  • エリアマネージャーとの面談は学ぶことだらけ。
仕事のやりがい、難しさを教えてください。
  •  お子さまの入会を検討される保護者の方にとって、教室長は悩みを話せるカウンセラーでもあり、背中を押すセールスマンにもなります。また、講師の育成は人材マネジメントそのものです。様々な役割を1人で担う教室長には高度なコミュニケーション力が求められ、そこがやりがいでもありますし、難しさでもあります。ある時、あまりに多くの入会申込を受け過ぎて業務量が増える講師たちとぶつかったことがありました。「講師を信頼しているから断らなかった。困っている生徒がいるのを見過ごせない!」と本音で何度も話し合ったことで教室に、より強固な絆が生まれ難局を乗り越えました。大切なのは常に自分自身が本気であること。その姿は生徒にも、講師にも、保護者の方にも伝わるからです。
  • 同エリアの生徒の状況をチェック。
これからの夢を教えてください。
  •  マネジメント力を高めることが当面の目標です。教室長として講師を育成することでその経験を積みながらエリアマネージャー、事業部長を目指し、事業への影響度を高めていきたいと思っています。そのために現在力を入れていることは、全国の教室に発信できるような成功事例を生み出すこと。そして、新人の教室長でも活用できるような“学院メソッド”として体系づけたいと考えています。教室長のレベルを組織としてさらに強化したいと思うからです。信頼は数値化できません。ただ、上に立つということは、生徒、講師、保護者の方、教室長から信頼を得られた証拠に他なりません。だからこそ、やるからには上を目指したいと思っています。
  • 就職祝いに親からもらった時計を愛用。

Page top