社員紹介

前職はSE。プログラミングからはんだづけまでこなす技術の世界から、まったくの異業種である教育業界へ。教務担当、教室長を経て、現在は神奈川エリアのマネージャー(地域責任者)を任されている。

入社した経緯を教えてください。
  •  プログラミングを中心にモノづくりの世界に3年ほど身を置いていました。しかし仕事に喜びがまったく見出せず、適職ではないと感じながら働いており、一方で将来は独立して起業したいという夢を抱いていたんです。そんな中、東京個別指導学院にはマネジメント・人財育成、経営など様々なスキルを磨きながら、仕事を通じて飛躍的に成長できるフィールドがあると知り、まったくの異業種でしたが転職を決めました。
     自分が教育業界で働くなんておこがましいのではないか。そんな考えが頭をよぎりましたが、それ以上に自分の仕事が人から感謝され、人の喜ぶ顔を間近で見ることが楽しくて仕方ありませんでした。だから今でも最優先に考えているのは、お客様の満足。そこは譲れません。
  • 地域責任者として常に担当エリアの状況を把握・分析し適切なアドバイスを心がけています。
仕事のやりがい、難しさを教えてください。
  •  仕事をしていてうれしいのは、一緒に働く社員や講師がやりがいと誇りを持って働く姿を目にした時です。やりがいや誇りはお客様に満足していただくことで生まれるもの。だからお客様のことを考えない自分本位な行動をとるメンバーは本気で叱ります。クレームがあれば徹底的に分析して原因を根本から断ち切るように努めます。もちろん自分の行動に対しても厳しく振り返ります。それがこの仕事にかける私の覚悟です。妥協のない覚悟が、最終的には社員や講師の成長にもつながると信じています。
  • 全国の社員と定期的な会議で情報交換。
これからの夢を教えてください。
  •  入社当時は独立起業を目指していましたが、今ではこの会社で新しい事業の立ち上げに関わってみたいと考えています。SEをしていた頃にも痛感したことなのですが、今の時代、どんな仕事をするにしてもコミュニケーション能力が求められます。でもそれを体系的に教えてくれるところはなかなかありません。東京個別指導学院の教育理念をさらに広げるという意味でも、教科の指導だけではなく、長年培ってきた教育のノウハウを生かした当社らしい新しいチャレンジができるといいなと思っています。そして近い将来、公教育の場で私たちがつくった「コミュニケーションの授業」が採用される。そんな日を真剣に夢見ています。
  • 社員全員が持っている教育理念が書かれたクレド。

Page top